毛穴の黒ずみにスクラブとクレイ洗顔を比較!効果の違いは?

クレイ洗顔の基礎知識

毛穴の黒ずみにスクラブとクレイ洗顔を比較!効果の違いは?

更新日:

こんにちは、敏感肌のMIKIです。

毛穴黒ずみ対策をするのに、スクラブとクレイって似てますよね?

どっちが効果的なの?黒ずみにおすすめなのは?

なんて思ってしまうのは、きっと私だけじゃないはず。

そこで今回は、

毛穴の黒ずみにスクラブとクレイを比較!効果の違いやおすすめなのは?

について詳しくお話ししていこうと思います。

顔の黒ずみ対策に「クレイ」と「スクラブ」はどう違う?

顔の黒ずみ対策に「クレイ」と「スクラブ」はどう違う?

顔の黒ずみ対策のため原因になる毛穴をキレイにする!という目的は、スクラブもクレイも同様なんです。

ただ、スクラブは小さな粒子を毛穴に入り込ませて汚れを掻き出す、クレイは汚れを吸着させて一緒に洗い流すというアプローチの方法に違いがあります。

  • スクラブ‥掻き出す
  • クレイ‥吸着する

たとえば剥がれ落ちずに残った古い角質がどんどん溜まって、肌をゴワゴワしてくるだけではなくくすんだり黒ずんだりすることもよくあること。

ターンオーバーはストレスや生活習慣ですぐに乱れてしまうし、いつもの肌の手触りが違ってきたな‥と思ったら注意する必要があります。

そして、そんな厄介な古い角質を剥がし落とすのに役立つのがスクラブです。

 

簡単にいえば”細かい研磨剤が配合されている洗顔料”のことで、肌を擦り洗いすることで毛穴に残ったものを落とすもの。

ツルンとしたお肌に生まれ変わらせる効果が得られます。

汚れがよく落ちると聞いて、洗顔料に塩や重曹を混ぜて顔を洗った経験がある方もいると思いますが(私だけ)でしょうが、それがまさにスクラブ洗顔なんです。

 

一方のクレイは文字通りに粘土、粘着力のある泥です。

この粘着性を利用して顔の汚れを吸い付かせることで、毛穴の中の残っている角栓や埃などのさまざまな老廃物をまとめてスッキリ洗い流せる、デトックス効果が高いというのが特徴になります。

顔の黒ずみ対策に「クレイ」と「スクラブ」はどう違う?

クレイは通常マイナス電気を帯びていて、肌の老廃物のほうプラスの性質。

それぞれが結びついて、より汚れを効率よく排出させられるというのが魅力です。

このクレイは天然のもなので、敏感肌だったりナチュラル志向の方でも使いやすいのが安心なポイント。

しかも配合成分によって種類がいろいろあって、保湿性に優れているものや汚れの吸着力が強いものなど、目的によって使い分けられるのも面白い点になりますよね♪

 

「クレイ」の入った洗顔料が黒ずみ対策におすすめな理由

「クレイ」の入った洗顔料が黒ずみ対策におすすめな理由

毛穴が黒ずむということは、少なからず肌のコンディションが悪化してしまっているということです。

そんな肌に刺激を与えるのは厳禁、顔の黒ずみ対策でおすすめなのはクレイ洗顔。

クレイ洗顔がおすすめできるのは、クレンジングの際の負担が少なくて済むという点がもっとも大きくなります。

 

確かにスクラブを使うとスッキリするしツルツル肌を作れますが、それだけ摩擦によって肌を傷つけてしまうリスクが高いという問題があるんです。

ですがクレイは汚れを吸着して排出してデトックスさせるという性質上、その心配もなく肌を痛めることなく顔を洗えます。

「クレイ」の入った洗顔料が黒ずみ対策におすすめな理由

それに、クレイに含まれている豊富なミネラルは、水分を含むことで高い保湿効果を期待できるんです。

保湿ってとても大事で、水分や油分をキープできるようになればターンオーバーが整って、黒ずみの原因になる汚れを自体を溜め込めにくくしていけます。

つまりクレイ洗顔を行えば優しく汚れを吸い出して落としつつ、しっとり潤うようになるのがメリット。

同時に黒ずませない肌を作る対策ができておすすめなんですね♪

 

「クレイ」を使った洗顔料を使うときの注意点

「クレイ」を使った洗顔料を使うときの注意点

肌にも優しくて顔の黒ずみ対策に優れた効果を発揮するクレイですが、実はメリットでもあり厄介なものでもあるのがその吸着性なんです。

市販されているクレイ洗顔料は毎日でも利用できるように作られているんですが、乾燥が気になる時に使っていると汚れと一緒に皮脂まで吸い取られてしまいます。

するとより乾燥が悪化したり、肌荒れを招いてしまいやすいという注意点もあるんです。

「クレイ」を使った洗顔料を使うときの注意点

もちろん、クレイ自体にもちゃんと保湿効果が期待できるんです。

でも化粧水や乳液や美容液と違って、あくまでもメインは汚れの洗浄や洗い上がりのしっとり感。

黒ずみが気になるからといって1日に何回もクレイ洗顔したり、ゴシゴシと擦り洗いをしてしまうとせっかくの潤い効果が半減。

キレイにするよりも、肌への負担のほうが大きくなってしまいます。

 

まずは肌の調子を見ながら、優しく汚れを浮かせるように顔を洗うこと。

さらにできればクレイの種類を把握して、自分の肌質に合っているものを見つけるのがおすすめです。

小鼻の目立つ黒ずみにはカオリン、脂性の方にはイライト、保湿効果が高いガスールなど、調べるほど奥の深さがわかりますよ♪

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「毛穴の黒ずみにスクラブとクレイ洗顔を比較!効果の違いは?」についてお話ししてきました。

これでスクラブとクレイの違いが黒住に与える影響についてお分かりいただけたと思います。

ぜひ参考になさってみてくださいね♪

MIKI

敏感肌の私がずっと勉強してきたクレイ洗顔についてお伝えしています。

ぜひこちらも参考にされてみてください♪

矢印

敏感肌MIKIのクレイ洗顔で毎日ツルピカ生活

 

敏感肌の私が実際に使ってよかったクレイ洗顔♪

敏感肌に合う洗顔料ってなかなか見つからないですよね‥。

すぐに赤くなったりガサガサになったり‥。

でもクレイ洗顔ってスッキリしそうで絶対に使ってみたい!ということで、いろいろと試してきた中から良かったのをピックアップしました。

私と同じように敏感肌で悩んでいれば、ぜひ参考にされてみてくださいね♪

セルベスト化粧品「ピュアクレイ」

このセルベスト化粧品「ピュアクレイ」は敏感肌の私がいちばん優しいと感じたクレイ洗顔です♪界面活性剤や添加物が入ってないので安心してツルピカになれますよ!

クレイタイプ・ホワイトクレイ
・ブラッククレイ
界面活性剤不使用
添加物不使用
返金保証あり

ビーグレン「クレイウォッシュ」

毛穴ケア

このビーグレン「クレイウォッシュ」は初めて使ってみたクレイ洗顔で、まだ敏感肌がそこまでひどくなかったときに良かったやつ。これも洗浄力が強めなので肌が強めな人にはおすすめです。

クレイタイプモンモリロナイト
界面活性剤不使用
添加物不使用
返金保証あり

Tp200「ホワイトソープ」

このTp200ホワイトソープはプラセンタがたっぷり配合されたクレイ洗顔で、プラセンタサプリで有名なあのTp200がクレイ洗顔になった商品。やや洗浄力が強めでスッキリするけど敏感肌が軽めな人向けです。

クレイタイプ・ベントナイト
・ガッスールM
界面活性剤不使用
添加物ややあり
返金保証なし

-クレイ洗顔の基礎知識
-

Copyright© 敏感肌MIKIのクレイ洗顔でツルピカ生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.